ジクベルチンからホームへ
商 品 を 探 す
商品にもどる
 
 
ア メ ッ ク ポ イ ン ト
アメックポイント
ポイントの確認
 
ご 注 文 に つ い て
特定商取引法
ご注文方法について
お支払方法について
インフォメーション
プライバシーポリシー
 
コ ミ ュ ニ テ ィ ー
らくがき倶楽部 
リンク
お問い合わせ
 
 





パワフル抗酸化物質「ジクベルチン」の誕生まで




                                    
                                      
                                                「ジグベルチン」のチロシナーゼ阻害活性試験
 ■体をサビさせる活性酸素とは?                      (メラニン抑制試験)

ジクベルチン グラフ2 活性酸素は簡単に言うと細胞を酸化してサビさせ、              老化を早めるものです。                          
活性酸素は正常な量なら進入してきた細菌やウイルスから、  
私たちの身体を守ってくれるものなのですが                    多量になると自分自身の細胞も酸化してしまいます。

細胞の酸化は皮膚のシワ、シミや目などほとんどの生活習慣病の原因になっています。
  

肌老化の90%は紫外線によるもの!?

紫外線を浴びると活性酸素が発生し酸化が進みます。
紫外線を浴びることによって、紫外線を浴びていない肌よりもシミやシワが増えることは周知の事実ですが、紫外線は日焼けした部分だけでなく、体全身に与える影響として「免疫力の低下」があります。
浴び過ぎると深刻な健康被害(白内障や飛蚊症、動脈硬化、糖尿病などほとんどの生活習慣病)にも影響することがわかってきました。
一般に老化によるものと思われている肌の見た目の変化のうち、最大90%は、長年紫外線を浴びることによって引き起こされた可能性も指摘されています。
世界保健機構(WHO)では、子供の紫外線対策の必要性を訴え続けています。
子供時代(18歳未満)の長年の日焼けは、後年の細胞遺伝子の変異や眼にダメージを与え、深刻な健康被害のリスクを高めるからです。

〔紫外線の種類〕

紫外線の種類
波長(nm)
地上への影響
UV-A
380-320
大気圏でほとんど吸収されずに地表に達する。浴びると肌が黒くなる日焼けをする。ただし、大量に浴びるとDNAに傷がつき、皮膚の老化を早める。
UV-B
320-280
オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動する。浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をする。大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがある。
UV-C
280-200
オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しない。ただし、最も危険で殺菌光線と呼ばれており、免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を引き起こす。

※人体に影響を与えるのはUV-AとUV-Bです。

※皮膚の中に含まれているメラニンは、紫外線を吸収し肌を守る大切な働きがあります。
紫外線によって皮膚の中にあるメラニンの量は増えますが、紫外線を多量に浴びたりすることを繰り返すと皮膚がんや白内障、免疫力低下などの危険性が高まるといわれています。そのためWHO(世界保健機関)は2002年に日光浴自粛を呼びかける報告書を発表しました。

その他ストレスを感じても生じます。
食品添加物、過剰な油やお酒は肝臓で分解されるときに、活性酸素が生じますし、タールやニコチンの他に、タバコ自体に活性酸素が含まれています。
つまり体に悪いものが入ってくると、それを取り除くための結果として活性酸素が作られます。


※活性酸素を大量発生させる要因
飲酒・タバコ・ストレス・
紫外線 ・放射線・食品添加物・激しいスポーツ・細菌・農薬・
ウィルス・大気汚染・ 電磁波・着色料・過酸化食品など



■抗酸化(アンチエイジング)とは?ジクベルチン グラフ1

活性酸素による酸化(サビる)反応を抑えて、生活習慣病の予防や皮膚のシワやシミなどの老化を抑える働きのことです。

本来人間はこの抗酸化成分を体内に持っていますが、20才をピークにその量は次第に減っていき、40代からは加速度的に減少します。
ですから不足分を補うために抗酸化作用のある食物を摂る必要があります。

パワフル抗酸化サプリ「ジクベルチン」シベリアカラマツから生まれました。水中で数百年経っても『腐らない木』として知られるシベリアカラマツは、強い抗酸化力(サビさせない力や腐らせない力=アンチエイジングパワー)を保持していたのです。

このシベリアカラマツエキスビタミンCを一定の割合で加えると相乗的に抗酸化力がパワーアップするだけでなく、持続性も増しました。


フランス海岸松樹皮エキスの抗酸化力はビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍以上ともいわれ、活性酸素を消去する物質として食品、化粧品分野などさまざまな分野で使用されています。
「さらさら効果」「飲む化粧品」「肌の若返り」などで知られるフランス海岸松樹皮エキスですが、パワフル抗酸化サプリ「ジクベルチン」の抗酸化力(アンチエイジングパワー)はフランス海岸松樹皮エキの1.6倍
ビタミンEの270倍、ビタミンCの500倍以上に達することが評価試験で明らかになっています。


抗酸化力アンチエイジングパワーの比較

 
ビタミンE
ビタミンC
フランス海岸松樹皮エキス
170以上
340倍以上
ジクベルチン(シベリアカラマツ)
270倍以上
500倍以上

若々しさ”を保持したいなら、積極的に「抗酸化成分」を摂ることです。
パワフル抗酸化サプリ
「ジクベルチン」
は、“トップクラスの抗酸化物質”で、若々しさ”を保持したい方や健康を維持したい方をサポートします。

 



■シベリアカラマツとは
ジクベルチン1
樹高40〜50m、直径50〜100cm、樹齢350〜600年の巨木『シベリアカラマツ』。ロシアの北緯50〜70度の地域に広がる広大な針葉樹林地帯『タイガ』を形成し、マイナス60℃に達するとも言われる極寒の永久凍土地帯で、シベリアカラマツは圧倒的な生命力で生き続けています。

大都市サンクトペテルブルグやイタリアの水上都市ベニスはシベリアカラマツの杭に支えられており、数百年経っても『腐らない木』として知られています。抗酸化力が強く、湿地帯でも腐食しにくいことを人々は昔から体験的に知っていたのです。

また、シベリア東部のヤクート人を中心とする多くの先住民族は、数百年も前から樹皮の下の形成層を削ってミルクで煮出し飲んでいました。特に食物の少ない厳冬期に食用されていて、狩猟民族の偏りがちな食生活を補完していたようです。



■最強の抗酸化物質「ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)」とは

ロシアのA・S・ザルマノフ医師は、「シベリアカラマツエキスが活性酸素を抑制する」という事実を代替医療で詳らかにし、そして、60年ころソ連の有機化学者チェカーフキナ・ノンナ・アルセーニエヴナ博士により、シベリアカラマツエキスから、他に類を見ないほど優れた「抗酸化物質」「生理活性物質」が発見されたのです。

ジクベルチン2

ジクベルチン3

それはシベリアカラマツエキスの90%強を占める主成分「ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)」とその前駆体である 「ジヒドロケンフェロール」「ナリンゲン」等6種類の前駆物質の食物フラボノイド(バイオフラボノイド)だったのです。

シベリアカラマツエキスの主成分「ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)」は抗酸化力が強く、 「フランス海岸松樹皮エキス」の1.6倍に達することが評価試験で明らかになり、「無類の抗酸化物質」であることがわかったのです。

厳冬期の先住民の健康維持やサンクトペテルブルグ、水上都市ベニスなどの地下杭が、数百年経っても腐らないのは、シベリアカラマツエキスのこの抗酸化物質のおかげだったのです。



■最強の抗酸化物質をさらに強化した「ジクベルチン」ジクベルチン4

ロシアではチェカーフキナ博士のモスクワ医学アカデミーをはじめ、各研究機関で無類の抗酸化物質を含有するシベ
リアカラマツエキスをさらに強化する方法が研究されました。

それはシベリアカラマツエキス1に対しビタミンC2.5の比率で組合わせることでした。この組合わせによって生まれたさらに強化された抗酸化物質は「ジクベルチン」と命名されました。

ビタミンC、ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)共すばらし
い抗酸化力を持つのですが、ビタミンCは体にストックできず、消耗が激しく、しかも体内では作ることができないため、常に外から補充しなければなりません。

ところがジヒドロケルセチン(タキシフォリン)を含むシベリアカラマツエキスには、自ら抗酸化力を発揮するとともに、ビタミンCの消耗を防ぐ働きがあるのです。こうした相乗効果によって「ジクベルチン」の抗酸化力はより強力で持続的になったのです。


※「ジクベルチン」のロシアにおける研究報告
(クリック↑)












space
spece space

Copyright (C) amecnet. All Rights Reserved.

colossalアクセス解析RMT